DDSソーム

独自のDDS(ナノダイレクトデリバリーシステム)

再生医療の「DDS」の基礎テクノロジーを利用し、さらにナノソーム化することにより化粧品へ応用開発を行い製品化に成功しました。

新しいカプセル化技術「DDSソーム」により、グロースファクター等の不安定な成分を安定化させ、「リポソーム」よりも高い浸透力を実現。

肌なじみが良く素早く浸透し、角質層にとどまり、長期にわたり有効成分を放出し続け、絶えまなく確実な効果を発揮し続けます。

安定化

浸透性

増殖性

DDSソームカプセルの構造モデル

DDSソームカプセルの肌浸透モデル

フリーズドライ製法

作りたてのタイムカプセル、防腐剤完全無添加を実現。

成分の有用性が不安定になりがちの美容液であっても、フリーズドライ製法により複数の成分を安定させることが可能となります。

私たちは、日本で初めてGF(グロースファクター)などの複数の有用成分の品質変化をフリーズドライ加工により防ぐことに成功し、化粧品の複数の成分を安定化させながら、「防腐剤完全無添加」を実現しました。

フリーズドライ美容液